相撲に首っ丈

大相撲九州場所は日馬富士が優勝!今年の総括!

大相撲九州場所は日馬富士が優勝!今年の総括!

 

大相撲九州場所千秋楽は、横綱日馬富士VS横綱白鵬の両横綱が
1敗ずつで並び、結びの一番で勝った方が優勝と言う場面でした。

 

なんと!日馬富士は白鵬を速攻で寄り切り、6度目の優勝を飾りました。
残念ながら、白鵬は大鵬以来の史上2人目の
2度目の5連覇はなりませんでした。

 

日馬富士は「横綱になってからケガもありましたが、
親方、後援会、そしてファンの皆様の力で優勝する事が出来ました。
ありがとうございました。」と優勝インタビューに答えていましたが、
確かに日馬富士は、横綱に昇進してからは横綱らしい相撲が取れず、
このまま不甲斐無い場所が続く様なら、大関に陥落か!?とまで騒がれていました。
九州場所は最後のチャンスと言っても過言ではありません。
日馬富士は最後の最後に白鵬を倒して横綱の汚名を返上しました。

 

九州場所では稀勢の里が両横綱を破って、
成績13勝2敗で終わりましたが、
来場所に向けて、綱取りのチャンスが訪れた事でしょう。
稀勢の里は、いざ綱取りの場所となるとプレッシャーに負けてしまうのか?
良い成績を挙げられません。
来場所の綱取りのチャンスには、精神面を鍛えて望んで欲しいです!

 

大相撲は今年の最後になって、両横綱が結びの一番で優勝を掛けて戦うと言う、
非常に盛り上がりを見せた場所となりました。
また来年も大相撲が盛り上がる様に
日馬富士と白鵬の両横綱が強さを見せ、稀勢の里が横綱になる☆
そんな場所が訪れると良いのになぁ〜と思いました。