スケート観戦

どうなったか?!フィギュアスケートグランプリファイナル女子ショート浅田真央

どうなったか?!フィギュアスケートグランプリファイナル女子ショート浅田真央

 

フィギュアスケートのグランプリファイナル2013が開催されました。
女子の出場選手の中で、日本人は浅田真央さんだけで、
ロシアからは、アデリナ・ソトニコワ選手、ユリア・リプニツカヤ選手、
エレーナ・ラジオノワ選手、アンナ・ポゴリラヤ選手の何と4人も出場しています。
残りはアメリカのアシュリー・ワグナー選手の計6人で戦われます。

 

女子ショートプログラムの結果は浅田真央さんが72.36点でトップに立ち、
2位はロシアのアデリナ・ソトニコワ選手、
3位にはアメリカのアシュリー・ワグナー選手が入りました。

 

トップに立った浅田真央さんの演技は、
今まで失敗し続けたトリプルアクセルを回転不足を取られたものの、
着氷できた事で、続くトリプルフリップはキレイに決め、
ステップは最高に良く、今までのショートプログラムの中では
非常に安定感のある演技を観せてくれました。
私の様な素人は、回転不足なんてわからないですが
今までで一番綺麗に飛んでいた気がします☆

 

ロシアの最年少14歳のエレーナ・ラジオノワ選手や、
15歳のアンナ・ポゴリヤラ選手、同じく15歳のユリア・リプニツカヤ選手は
3位以内に入れませんでしたが、ユリア・リプニツカヤ選手と
エレーナ・ラジオノワ選手はトップと8点差以内の得点なので、
フリーでトップを狙える得点ではあります。

 

今大会では日本人からは浅田真央さんだけなので、
観ている私にとっては残念な状況ですが、
浅田真央さんが優勝してくれる事を願って、フリーの演技を観たいと思います!
浅田真央さんはフリーではトリプルアクセルを2本入れると言っていますので、
以前の様な強い浅田真央さんが観られると思っています☆
楽しみです!!